言葉のリハビリ専門職|独学で宅建の試験に合格|計画性とモチベーションアップが重要

独学で宅建の試験に合格|計画性とモチベーションアップが重要

筆記用具

言葉のリハビリ専門職

男性と女性

学歴等によって変わる条件

言語聴覚士の養成学校には、大学、短大、専門学校など様々なものがあります。また、高卒で入学することができる学校と、一定の学歴や指定科目を履修していることが出願条件となっていることがあります。事前に募集要項を取り寄せ、よく見て調べておく必要があります。就学期間や履修内容も学歴等によって異なる場合があります。特に、指定科目を履修していることを条件としている学校では基礎医学などの授業は少なく、専門的な科目と実習が多くを占めます。言語聴覚士は医療系の職種ですので病院等での実習も必須かつ長期に渡ります。アルバイトなどで働きながら言語聴覚士を目指したいと思っている人は、実習の期間についても留意が必要となってくるでしょう。

幅広く活躍するために

言語聴覚士は言葉や聴覚、口腔の働きに関するリハビリテーション専門職の一つで、略して「ST(Speech-Language-HearingTherapist)」と呼ばれることもあります。病院をはじめ、福祉施設などでも勤務することができます。子どもの分野では障害児の療育に携わることが多く、また、成人や高齢者の分野では失語症の人や嚥下機能が低下した人の訓練などを行います。そのほかにも言葉の発達に関する相談や訓練を行うなど、一言に言語聴覚士の職域と言っても非常に幅広いです。言語聴覚士の養成学校では、求められる幅広い専門性を得るために様々な科目を学びます。また、大卒者や社会人を経て言語聴覚士を目指す人も多く、年齢層も多様です。大卒者や社会人を経た人はそれまでの学びや経験を活かせることもあり、幅広く活躍するためのきっかけになることが期待されます。