必要な知識の有無から確認|独学で宅建の試験に合格|計画性とモチベーションアップが重要

独学で宅建の試験に合格|計画性とモチベーションアップが重要

筆記用具

必要な知識の有無から確認

教室

専門の学科を学ぶ必要性

大学卒業者であれば、保育士に関係のない学部を卒業していても保育士資格試験の受験資格が与えられています。ただし、学校教育法で認められた大学であることが条件です。また、保育士になるための専門知識を学べる大学・短期大学などが全国にあります。幼児教育や乳幼児の心理学を合わせて学ぶことで、より質の高い保育が提供できるからです。国公立なら初年度費用が約80万円、私立大学なら初年度費用は約140万円、専門学校は約100万円程度を目安とするので、どの学校で学ぶのか、そしてどのようなカリキュラムが必要なのかを考える必要があります。将来性のある保育士の仕事に就くために、学校選びも重要なキーポイントになるでしょう。

キャリアアップと付加価値

現在も人手不足と言われる保育士は、将来性があり採用の機会も多くなっています。しかし、将来的に良い条件で仕事をするには、専門性の高い知識やスキルがあると希望通りの仕事が選べるようになります。保育士の仕事は子供の食事や排せつ、睡眠や遊びなどをサポートすることだけではありません。日常生活を通して子供たちが健全に成長しすることを保護者とともに担っていきます。その業務に関わるスキルがあれば、給与などの待遇面でも優遇されると考えて良いでしょう。保育士になるために通える学校は数多くありますが、大学で専門的な知識を身につけることも、保育士のキャリアプランを底上げしてくれるでしょう。求められる人材になるために、活用できるツールを再検討してみてください。